家庭に愛を!対話を!温もりを!

 

 

    家族の対話を増やすお手伝いをしています

 

癒され、そして癒す関係は家族の原点です

 

核家族化が進み、家族力が低下しています。

 

家族力とは・・・

 

★話し合いや共通の体験を経て助け合う関係を作る力

 

★夫婦や親子の相互理解や信頼関係を築きながら社会性を身に付けあう力

 

★障害や問題を協力しながら解決し、共同体として生きる力

 

★親が子を育て社会に送り出す力

 

★子が親に、夫婦が互いに敬意や信頼感を持ち、人として秩序だった社会性を

 

 身に付ける力

 

★話す、聴く、観る、振る舞う、思いやるといった人間力の基礎を高め合う力

 

 

 

こうした家族力が低下しています。家族の力を高め合うために欠かせないのが

 

日常の暮らしの中の会話です。夫婦が良く語り合い、親子が楽しく語り合う、

 

高めていけるのですね。

 

 

 

 

家族の対話を促すミーティングの提案と進行役を育てています

家族会議と言うと今の日本では堅苦しく、少しネガティブなイメージが

 

あります。

 

名称をファミリーミーティング(またはハッピーファミリーミーティング

 

と称して、 楽しく意義あるミーティングの進め方をデザインしました。

 

同時に進行役の腕もミーティングの効果を左右するためにコーディネーターの

 

育成も始めています。

 

週に1回・15分のミーティングが家族の有り様を変えます!

ファミリーミーティングハンドブックには1週ごとのミーティングのテーマが記されて

 

います。年間52題のテーマが記載されています。同時に15分で楽しく語り合い、話し

 

合った結果を記録する超大型のカレンダー(A1サイズ)に足跡を残します。

 

1年後には家族の話し合った足跡が楽しい絵や写真、それに親子の対話の記事として

 

残りますから、年を重ねながら親子の成長を目で見て楽しめます。